今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
今日から始める貯蓄預金
貯蓄預金のスウィングサービス

便利な貯蓄預金にも一つ欠点があります。それは基準残高以下だと金利が低いままだということです。預入期間で金利が決まる商品は、預金残高による利息の増減はあっても金利自体が上下することはありません。しかし預金残高によって適用金利そのものが変化する貯蓄預金は、預金残高が少ないときのリスクが通常より大きいのです。そのため貯蓄預金をお得に運用するには基準残高以上をキープする必要があります。

そこで便利なのがスウィングサービス(スイングサービス)です。スウィングサービスとは普通預金口座と貯蓄預金口座の間で資金を移動させるサービスです。指定日に指定金額を自動的に移動させることができ、普通預金口座から貯蓄預金口座へ資金を移動することで基準残高をキープできます。積立定期預金と似た状態になりますが、積立定期預金の金利は預入期間ごとに固定なので、基準残高をクリアすれば金利が上がる貯蓄預金とは使い心地が異なります。

ただし貯蓄預金の金利は金融機関ごとに違っていて、積立定期預金やスーパー定期預金などに劣る場合もあります。当初が普通預金以下の金利だったり、金利の上げ幅が小さかったりすると、期待したほどの利息が得られないこともあります。スウィングサービスを使った貯蓄預金への積み立てが一定額に達したら、定期預金に組み替えるとお得でしょう。

スウィングサービスでは貯蓄預金口座から普通預金口座への資金移動も便利です。公共料金やクレジットの支払いは普通預金でしかできないので、残高不足のリスクがあるのです。資金移動によって普通預金の預金残高を調節すると残高不足を防ぐことができます。しかし一部の金融機関ではスウィングサービスに手数料を課していることがあるので、利用する前にチェックしておきましょう。