今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
今日から始める貯蓄預金
貯蓄預金の金利

貯蓄預金は基準残高に応じて預金金利が上がる面白い商品ですが、金利の上がり方には2種類あります。まずは金額別金利型です。このタイプは10万円や50万円など決まった基準残高を超えると一気に金利が上がるのが特徴で、最初から基準残高をクリアしている、あるいはすぐにクリアする当てがある場合に便利です。したがって貯金しながら使うというより、ある程度まとまった資金を一時的に入れておくときに重宝するでしょう。

2つ目は金額階層別金利型です。このタイプは基準残高が複数設置されていて、預金残高が大きくなるにつれて段階的に金利が上がっていきます。基準残高は10万円から100万円以上まで幅広く、金額別金利型に比べて積み立てとの相性がいいのが特徴です。このように貯蓄預金は預金残高によって金利が決まるので、預入期間に応じて金利が上がる定期預金と違って、高金利が適用されるまでの時間的ロスがありません。

しかしながら貯蓄預金には思いがけないリスクもあります。預金残高に応じて金利が上がるはずなのに、途中から金利が上がらなくなるケースがあるのです。金額階層別金利型に多いのですが、最初の2段階くらいは順調に金利が上がるものの、その後パッタリと金利が上がらなくなり、基準残高だけをクリアしていくという場合があります。金融機関の適用金利を調べれば事前に把握できますが、貯蓄預金だからと油断するのは禁物なのです。

金利が上がらない貯蓄預金の場合、普通預金や円定期預金でも充分に代替可能です。とくにインターネット銀行だと振込手数料などのコストが無料または安いため、稼いだ利息が諸手数料でマイナスになることがありません。さらに預入期間が短い定期預金が人気を集めているため、中途解約リスクも軽減することができます。ただし普通預金との連携のしやすさという点で、貯蓄預金も充分に活躍の場があります。