今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
今日から始める貯蓄預金
貯蓄預金の使い方

普通預金口座と定期預金口座の中間に位置する貯蓄預金口座ですが、より有効に使うためには各種サービスを最大限利用すると効果的です。たとえばスウィングサービスを使って普通預金と貯蓄預金の間で資金を移動するにしても、利息が付く日や給与の振込日を考慮して指定日を決めると便利です。具体的に言うと、貯蓄預金の利息が付く日の前に普通預金から資金を移動すると、高金利の貯蓄預金に応じた利息の割合が増えてお得です。

また貯金目的で普通預金から資金を移動する場合、指定日は給与の振込日の直後に設定すると貯金がはかどります。なぜなら月々の出費をこなした給料日前はお金がないという人も多いため、少ない残金の中からさらに貯金に回すのは困難です。給料日直後に貯金をおこなえば、残金を存分に使うことができます。貯金した分だけ出費に使える資金が減るため、普段は貯金額を少なくしてボーナス時に貯金額を増やすという方法もオススメです。

金融機関によっては貯蓄預金を総合口座の担保にすることもできます。総合口座とは普通預金に定期預金や貯蓄預金をセットできる預金商品で、定期預金や貯蓄預金の預金残高を担保にすることで口座貸越を利用できます。口座貸越とは普通預金の残高が不足したときに不足分が自動融資されるローンで、たとえば公共料金やクレジットの引き落としで図らずも残高が不足したときに発動します。返済は普通預金にお金を入れると自動的におこなわれ、手間いらずですが少し高めの金利なので多用は禁物です。

貯蓄預金を総合口座の担保にするメリットは、普通預金と同じ通帳で管理できるという点です。スウィングサービスで象徴されるように普通預金とのやり取りが多い貯蓄預金を普通預金と一緒に管理できれば、頻繁に資金を移動しても管理が楽ちんです。もっとも最近は通帳を発行しない預金口座も増えており、若い世代を中心に取引のツールがインターネットバンキングへと移行しています。