今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
今日から始める貯蓄預金
外貨貯蓄預金

円普通預金には外貨普通預金、円定期預金には外貨定期預金があるように、円貯蓄預金にも外貨貯蓄預金があります。外貨貯蓄預金とは貯蓄預金の外貨バージョンで、外貨の預金残高に応じて適用金利が上がります。取引通貨は主に米ドルやユーロなどの基軸通貨で、後進国や途上国の通貨ではないので基本金利は低いものの、金利のステップアップに加えて複利で効率よく利息を得ることができます。

円貯蓄預金との最大の違いは流通量です。なぜか外貨普通預金と外貨定期預金に比べて外貨貯蓄預金は数が少なく、見つけたらラッキーと思ってもいいレベルです。ただし円と違って外貨は為替リスクがあるため、安易な利用は注意しましょう。為替リスクというのは外貨を運用する際に発生するもので、外国為替が変動することによって、外貨から円に換えて払い戻すときに為替差損という損害を被ることです。これによって利息が消えるどころかマイナスになることもあります。

もちろんリスク軽減の方法はいくつかあります。たとえばドルコスト平均法(定期定額購入法)です。ドルコスト平均法とは定期的に定額ずつ購入することで平均購入コストを引き下げる手法です。個数ではなく金額で区切って購入するため、価格変動があっても平均単価を引き下げることができます。長期投資に適したやり方なので初心者向きの手法ですが、長期に渡って好調を維持する安全な銘柄(外貨)でないと効果が出ないという注意点があります。

外貨貯蓄預金でドルコスト平均法をおこなうには、自動積立サービスを利用すると便利です。毎月一定金額を円預金口座から外貨貯蓄預金口座に振替えるもので、金利が上がる基準残高にも届くしリスク軽減もできて一石二鳥です。しかしどんなにリスク軽減をしても外貨預金は預金保険の対象外ですし、あまつさえ為替手数料など特有のコストもかかるので計画的に利用しましょう。

外部ホームページの案内

基軸通貨:基軸通貨 (きじくつうか) | 証券用語集 | 東海東京証券株式会社