今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
財形貯蓄制度の活用方法
財形貯蓄制度とは

財形貯蓄とは正しくは勤労者財産形成貯蓄制度といい、その名のとおり勤労者の貯蓄を目的とした商品形態です。昭和46年に制定された勤労者財産形成促進法に基づいており、サラリーマンなどの勤労者による計画的な財産形成を促し、生活の安定やマイホーム購入などによる経済発展の促進を目的としています。

この制度の特徴は、基本的に勤労者に対する貯蓄制度という点です。そのため通常の定期預金などと違って、勤労者の雇用主が給料から一定の金額を天引きする形で貯蓄を行います。そのためサラリーマンなど会社勤めの人は利用している場合が多いですが、フリーランスや自営業の場合は必然的に利用できない制度となっています。

財形貯蓄は貯蓄した財産の用途によって種類が分かれています。たとえば積立金の目的を問わない一般財形貯蓄、住宅の購入など取得を目的とした財形住宅貯蓄、老後の蓄えのための財形年金貯蓄の3種類です。これらは利用するために様々な制約があります。もっとも利用が多いのは一般財形貯蓄で、利用するための条件が一番ゆるいことなどが理由です。

これらの財形貯蓄を利用するための条件は、たとえばそれぞれ「3年以上の利用」や「55歳以下」、「1人につき1契約まで」などがあります。そのため基本的には若いうちに利用するのがお得な制度です。しかし実際は給与から一部天引きされても生活に支障がない給与水準がなければ難しい制度でもあり、20代や30代の利用は少しずつ減少傾向にあります。

外部ホームページの案内

勤労者財産形成促進法:勤労者財産形成促進法施行令