今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
財形貯蓄制度の活用方法
財形貯蓄制度の解約や引き出し

財形貯蓄を利用する際に肝心なのが、解約や引き出しの方法です。しかしこれらの手続きの手順を知らないまま利用する人が多く、そのため手続きが遅くなる一因となっています。財形貯蓄を契約する際には勤労者が雇用主側に対して書類などを提出し、その書類を雇用主が金融機関に提出して契約するという方法になります。

しかし解約の場合は雇用主を介さずに個人で金融機関にいって解約します。そのため解約の方法が分からない人が多いのですが方法は意外と簡単で、銀行などの金融機関窓口にいって「財形貯蓄を解約したい」と言えば解約するための書類を用意してもらえます。しかし身分証明書、印鑑などが必要になるので、用意してから行く必要があります。さらに書類には会社の住所などの記入欄もあるので、それらが分かるような書類を用意していきましょう。

引き出しの場合は、それぞれの種類の財形貯蓄で制約があるので、自分が利用している財形貯蓄の種類をよく確認する必要があります。たとえば一般財形貯蓄は貯蓄を始めてから1年の間は引き出しができません。1年経ったら金融機関に行って書類に書き込むことで貯蓄を一部引き出すことができます。

しかし1年以内に引き出そうとすると解約のような形になったり、ペナルティが課されることになるので注意が必要です。しかし財形住宅貯蓄や財形年金貯蓄の場合はそれぞれに応じた用途でなければ引き出しや解約ができない場合があります。そのため一般財形貯蓄以外を利用する場合はしっかりと将来設計をした上で契約したほうが無難です。