今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
財形貯蓄制度の活用方法
財形貯蓄制度の税金対策

財形貯蓄は所定の条件を満たせば非課税になるため、節税にもなります。これは財形住宅貯蓄と財形住宅貯蓄に限った制度ですが、これら2つの財形貯蓄には非課税限度額が設けられているのです。これらの制度で非課税になるには、まずそれぞれの財形貯蓄の制度に応じた利用目的のために貯蓄を引き出す必要があります。

制度に応じた利用目的での引き出しであれば、元本の合計金額が550万円まで非課税になります。利子所得と配当所得に限ったものですが。そのため税金が優遇される貯蓄商品ということで人気があります。しかし一般財形貯蓄では非課税にはならないので、注意が必要です。さらに財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄であっても、引き出しではなく解約の場合は非課税にはなりません。そのためそうそう解約しないほうがお得だということです。

ちなみに利子につく税金は20パーセントの源泉分離課税です。そのため550万円ギリギリまで積立金を増やして引き出せば、550万円分の利子の税金がなくなります。2割分払わなくて済むので、金額が小さいと大きい額にはなりませんが、大きければ大きいほどお得になります。

非課税以外にも、高金利での運用や低金利での融資などがあるため、これらの金利による利益もあります。そのため財形貯蓄を利用する際はできるだけ長い期間利用したほうが利益がでるのです。長い期間運用して積立金を増やせば利息が増え、さらに財形融資の限度額も大きくなり、住宅貯蓄や年金貯蓄であれば550万円ギリギリまで利用することができます。