今日から始める資産運用
【 Photo by 0501
 
利用者がお得に取引できる大阪厚生信用金庫
大阪厚生信用金庫の環境への取り組み

大阪厚生信用金庫は地域密着金融機関として、様々な社会貢献活動を行っています。とくに顕著なのが環境への取り組みで、主に温暖化対策を重視して活動を行っています。環境への取り組みは全国の地域金融機関が行っており、植樹やゴミ拾いのようなボランティア活動、環境団体への寄付、店舗窓口での環境問題に関する注意喚起などを行っています。

大阪厚生信用金庫の温暖化対策は、主に金融サービスを活用する形で行われています。たとえば大阪厚生信用金庫は毎年エコ定期預金を提供し、集まった預金総額の一部を大阪府みどりの基金に寄付しています。寄付によって利用者の預金が減ることはありませんが、預金総額が多いほど寄付金も増えるため、エコ定期預金を積極的に申込むことで効果的なエコ活動が行えます。実際に寄付金は毎年少しずつ増えており、エコに対する利用者の関心は高まっています。さらにエコ定期預金は適用金利が通常の預金商品よりも高いため、エコだけでなく資産運用目的で利用するのもオススメです。

大阪厚生信用金庫はエコ計画という、エコ設備のための融資商品も定期的に提供しています。エコ計画は太陽光発電システムやガスコージェネレーションシステム、高効率給湯器などのエコ設備設置工事費用を借りるための融資商品で、資金使途が限定される一方で適用金利が優遇されています。個人と中小企業どちらも契約できるため、住宅のエコリフォームや事務所のエコ設備投資に活用することができます。

金融サービス以外では、大阪厚生信用金庫の職員によるクールビズとウォームビズ、緑のカーテン(本店や支店におけるゴーヤやヘチマの栽培)、エコキャップ運動、苗木の寄付とその植樹、チャリティーコンサートの開催と寄付を行っています。いずれも継続的に行っている上に、それぞれの活動情報をホームページやエコブログで公開しています。インターネット上で広く一般に環境への取り組みを紹介することで、利用者の地球温暖化やエコ活動に対する理解を深めることができます。